ごあいさつ

『フレンチレストランオギノ』シェフ 荻野伸也

荻野 伸也
1978年愛知県生まれ。
東京代々木『レストランキノシタ』で副料理長、目黒『キャスクルート』で料理長を務めたのち、2007年池尻大橋に『フレンチレストランオギノ』をオープン。
同店は常に2ヶ月先まで予約のとれない人気店として注目を集めています。

Vivre Ensemble(ヴィヴルアンサンブル)は、フランス語で“共に生きる”という意味です。生産者の方々と手を取り合い、よりよい食環境サイクルづくりを一緒に目指して行きたい、という想いを込めて名付けました。

将来的には、使用する食材を全て北海道産でまかない、今まで使い道がなくて廃棄されてきた規格外食材も、フランス料理ならではの加工を施して、商品としてきちんと世に送りだしていきたいと思っています。

自給率を上げるために国産食材を応援する取り組みはこれまでもありましたが、廃棄率を削減し自動的に自給率向上に貢献できる商品開発や提案が出来れば、というのが私の考えです。そんな動きが全国で起きてくれば日本の未来も少しは明るくなるのではないでしょうか。

美味しい料理を作るという技術が、ちょっぴり世の為に生かせるという、料理人の新しい働き方も同時に提案していきたいと考えています。

荻野 伸也

フレンチレストランOGINO
オフィシャルHP http://www.french-ogino.com/